貸金業法と総量規制に引っかかる借り方

消費者金融のキャッシングを申し込む時には貸金業法に注意しなくてはなりません。貸金業法とは、消費者金融などの貸金業者に対して制定された法律です。貸金業法では、私達が安全にお金を借りることができるように適正な運営を定めていますが、ただ、それらすべてが私達にとって有益な内容ではありません。その代表的な法律が総量規制です。
総量規制とは、個人の借入額を年収3分の1まで制限する仕組みです。1社からの利用限度額ではなく、全ての業者の利用限度額を合わせた時の制限になっています。
例えば年収400万円の人は約130万円までの融資しか受けられないことになりますが、A社で80万円、B社で30万円を借りている場合はC社で借りようと思っても残り20万円までの融資しか受けられないことになります。また、B社で利用限度額を増額して50万円借りた場合は新たな借入はできなくなります。クレジットカードのキャッシング(ショッピングは除外)も総量規制の対象になっているので、借り方には注意が必要でしょう。
ちなみに、この規制が敷かれたのが2010年の6月ですが、それ以前に年収3分の1を超える融資を受けている人は今後それ以上の新規貸付が受けられないことになり、特別な処分はありません。総量規制を逃れる借り方としては、銀行などの金融機関からの融資を受ける、配偶者貸付を受ける、返済や解約などで年収3分の1以下に戻すという方法があります。